引越し前にやること

賃貸契約の解除

現在住んでいる住宅が賃貸住宅なら、賃貸契約を解除する手続きが必要となります。一般的には管理会社や不動産会社を通して手続きを行なう事が多く、大家さんとの直接的なやり取り少ないでしょう。退去する時には最低でも1ヶ月前には申し出るようにし、残りの家賃の支払い方法や敷金礼金の事を聞いておくと良いです。

 

大抵は管理会社や最初に契約を代行してくれた不動産会社に連絡を取ると、手続きを行なってくれます。正式な書類を交わし、残りの家賃の支払方法や敷金がいくら帰ってくるかも教えてくれます。家賃は日割り計算で支払う事も多く、敷金は修繕場所が無ければ全額返ってきます。詳しくは賃貸契約書に書かれているため、引っ越す前によく読むようにしてください。
特に管理会社などを通していない場合は、直接大家さんに転居の申し出を行ないます。大家さんも次の借主を探さなければならない都合があるため、早めに申し出なければなりません。

 

この時にトラブルになりやすいのが、どの部分まで修繕費を負担しなければならないかという点です。生活する上で汚れる壁紙の問題は、負担しなくても良い場合が多く多少の知識を持っていると便利です。その他、清掃の費用が別途かかるケースもあり確認してください。